日本の工場でつくり続けるわけABOUT

なぜ、アキレス・ソルボは、日本の工場でつくり続けるのか。

研ぎすまされた技術と感覚、厳しく管理された生産環境。

日本の靴づくりの技術と知識を持った職人が集まり、お客様が望む商品をタイムリーにお届けすることができる。
それが、日本の工場でつくる最大の理由です。
例えば、革の選び方ひとつで靴の完成度は大きく変わるため、『アキレス・ソルボ』の工場には革の目利きがいます。
また、靴づくりの最終工程になる仕上げは、人の手で丁寧に行います。

日本人に合った靴『アキレス・ソルボ』は、今日もここで生まれています。

※一部輸入品もあります。